お通夜からお葬式のマナー

近年お葬式の中でも、お通夜のみに参列する方が増えてきました。告別式に参列したくても、なかなか時間が取れないということが出てくるからです。これまでは、故人との関係が近い人のみがお通夜に参列するというのが流れでした。しかし、現在ではこうした流れがなくなり、お通夜に弔問することが当たり前になったと言っても過言ではありません。服装的は平服でも構いませんが、派手なものは絶対避けるとともに、貴金属は結婚指輪以外は外しましょう。光沢のあるものは避けながら、毛皮など殺生につながるようなイメージが残るような服装はやめるのが鉄則です。

仮通夜のタイミングを考えると、この時にしか伺えないといったことも出てきます。お通夜の本来の意味を考えれば、遺族が故人との別れをするための時間です。仮通夜は特に準備なども行わなければならず、遺族としては驚くほど忙しい時間で、とにかく疲れも出てくる頃になるでしょう。この仮通夜に訪れるとするのであれば、入り口で挨拶をして失礼するのが基本です。亡くなった原因などもここでは聞くべきではありません。勧められてお邪魔する場合にも、できるだけ長居を避けるようにするのがマナーです。

本通夜でのマナーを考えると、通夜ぶるまいを誘われることがあるでしょう。断ることはせずに、一口でも箸をつけることがマナーです。心遣いに感謝する意味がありますが、だからといって長居することは禁物になります。お葬式は自分たちの時間ではなく、遺族の時間であることを理解しなければいけません。

ご遺体と対面することもありますが、これは自分から申し出るのではなく、遺族から勧められて行うことがマナーです。関係が親しかった場合には、遺族から勧められるはずですので、枕元から少し下がり正座をします。一礼してから、遺族に白布を外してもらうのがマナーです。自分から外したりしないようにして、膝をつけたまま近づきもう一度合掌しましょう。声を掛けることも必要になりますが、あまり細かなことを聞いたりするのではなく、安らかなお顔でといったことで終わりにするのが重要です。