お葬式の服装のマナー

お葬式の服装は、迷ってしまうこともあるでしょう。正装が基本というのは、お葬式では当然です。しかし、突然の訃報を聞いたときに、一体どういったかたちで駆けつければいいのかを考えてなければいけません。例えば、お付き合いのあった取引先の方が亡くなったとしたら、その時にどうするのかです。お通夜の場合、一度帰ってから着替えて向かうという方法もあるでしょう。しかし、遺族からしたら、その喪服は用意してあったのではないのかと思ってしまう可能性はゼロではありません。そのため、急遽お通夜に駆けつけるようなときには、平服でも構わないとされています。その時には、急ぎ駆け付けたことを伝えつつ、服装に関しては謝罪するといったことがマナーとなります。

また、休み時間などで駆けつける場合にも、喪服を用意することはできないはずです。そんな時には、できるだけ質素なかたちにするとともに、派手なネクタイなどは控えるといったことは必要です。喪服がないからやめるといった選択はない以上、営業職などでは普段からある程度用意しておくといったことは必要です。ネクタイや靴下は、そこまでかさばるものではないのですから、黒を用意しておくことは大切なマナーとなるでしょう。

告別式となると、礼服が基本です。喪服がないといった場合には、黒やダークカラーの服装にする必要がありますが、できるだけ地味なものを選んで参列します。細かい部分を述べると、男性も女性も黒の靴にする必要がありますが、ポイントになるのは、全体的に光沢がない靴を選択する必要があります。ツヤのある生地も避けておけば、マナーとして反するようなことがなくなります。服装のマナーとしては、派手なものは避ける上、明るいカラーの小物類も避ける必要があります。

女性は、アクセサリーを付けるのかどうか迷う方も多いでしょう。和装の際は基本的にアクセサリーは結婚指輪以外は身に付けません。洋装であれば、真珠のネックレスやイヤリングであれば身に付けても良いとされています。真珠は涙の象徴とされており、悲しみを表現しているものとしてお葬式の場面では相応しいとされています。