お葬式に持っていく香典のマナー

お葬式の香典の書き方は、マナーとして十分に注意しなければいけません。渡してしまえばいいというものではないため、しっかりと考えなければいけないポイントです。仏式の香典の場合、表書きは御霊前が基本です。ただし、浄土真宗の場合には、亡くなってすぐに仏様になると考えられているため、御仏前です。不安な方は御香典とすれば間違いはないでしょう。水引きは黒白の結び切りです。忌明けの場合には御仏前になるため、注意しなければいけません。四十九日が境目だからです。御供物料としている地域もあるため注意が必要です。

ここまではマナーとして難しいところではありませんが、お葬式の宗教として神式の場合には仏式と異なってきます。水引きが銀の結び切りで、御玉串料となるのが違いです。御神前でも問題はありません。ただし、蓮の花は仏教のものになるため、描かれているようなものは避けます。これはキリスト教でも同じですが、水引きがなくなるところが特徴となるでしょう。献花料や御花料としていきます。花の絵が描かれることが多くなりますが、蓮だけは注意が必要です。

二人連名で香典を包むこともあるでしょう。例えば結婚前の状況で、二人の名前を書く場合です。この時には、横に並べて書くことが必要になってきます。必ず縦書きにしなければいけません。グループでの場合には、一同や有志といったかたちで表書きをしますが、注意しなければいけないのはメンバー全員の名前を半紙などに書き写して中袋に入れるところです。一体誰からいただいたのか、一同では遺族は分からないからです。マナーとして重要ポイントになってくるため、決して欠かさないことが大切です。

中袋の扱いも重要で、忘れずに名前と住所と金額を書きますが、壱弐参といったかたちで金額を書く必要があります。神の比率が少ない方から折っていき、下を折ってから上を折るのが大切です。順番は決して間違わないようにしましょう。ふくさに包んで持っていくことが大切で、お悔やみを述べてから両手で渡します。